厳選された素材 ―素材本位の「上生身」づくり―

創業から変わらぬ「天然素材100%」

丸高の上生身は、天然素材100%。全国から選りすぐった上質な天然の調味料で、天然すり身のおいしさを最大限まで引き出しています。
また、製造に使用する水はすべて「FFC®元始活水器」を通して活性化。創業以来、食の安全を守りながら、こだわりの「上生身」をつくり続けています。

自然が育んだ 良質な天然魚

すり身の原料になるのは、太平洋を中心とした海で育まれ、水揚げされた天然魚です。
季節やその年の天候などにより、適切な魚種を使用しています。

<原料1>スケソウタラ

スケソウタラ

タラ目タラ科スケトウダラ属

北太平洋に広く分布する、身のやわらかさが特徴の白身魚。
練り製品の材料として、また、たらこや明太子の原料として、日本人になじみがある魚です。


<原料2>イトヨリダイ

イトヨリダイ

スズキ目スズキ亜科イトヨリダイ科

本州中部以南から東シナ海にかけて生息する、旨みの強い白身魚です。
体に赤と黄のラインがあり、泳ぐ姿が金の糸をよるように見えることから、この名がつきました。


<原料3>ホッケ

ホッケ

カサゴ目アイナメ科ホッケ亜科

オホーツク海、日本海、茨城沖以北の太平洋などに分布する白身魚。
すり身にすると、旨みや粘りを生み出す「名脇役」になります。


素材の力を引き出す 天然の調味料

魚肉エキス厳選した天然の原料を、丹念に発酵させた魚介エキスを使用しています。
酵素塩海水のもつみずみずしさやエネルギーを損なわないよう、加熱をしない「常温製法」で作った岩塩(酵素塩)を使用。苦汁(にがり)が少ない、味わい深い塩です。
みりん本場・三河産の醸造本みりん「九重櫻」を使用。江戸の頃より受け継がれた製法が、芳醇な香りと奥深い風味を生みます。
でんぷん北海道の大地で育まれた、遺伝子組み換えされていない馬鈴薯でんぷんを使用。加工でんぷんは一切使用していません。
卵白卵白はすべて国産。より自然に近い、未殺菌卵白を使用しています。


おいしさに一役 活性水

FFC 元始活水器

FFC®元始活水器

工場内のすべての水は「FFC®元始活水器」を通して活性化処理をしています。 

活水器に充填されているのが、有用なミネラルを豊富に含む土を高温で焼き固めた「FFCセラミックス」。
放射される遠赤外線と、微量に溶出するミネラルの効果が相まって、水を改質します。
このFFCウォーターが、おいしい製品づくりはもちろん、生活環境や地球環境の改善にも役立ちます。

※FFC®は赤塚グループの登録商標です。



上生身商品のご紹介
webからのご購入はこちら
各法人様へ
上生身、店頭販売もしております
丸高上生身
新商品「凍結すり身」